誇大広告の探偵に気をつけて!「成功報酬型」のワナ

探偵業の広告において「完全成功報酬」というものがあります。これは言葉のとおり「成功しなければ報酬は頂きません」という意味になります。そしてそのような「意味であるべき」です。

といいますのは、近年の探偵業界においては「成功報酬型」という言葉が形骸化しているという事実があるからです。例えば案件が浮気調査だったとして、成功するということは、裁判に勝てる証拠を収集できたということです。とすれば、それが叶わなかった場合は報酬は貰いませんという意味合いになるはずです。

浮気調査を例にあげれば、尾行をしたが対象者にバレなかった。あるいは調査をしたが、そもそも浮気の事実が存在しなかった、という場合どう考えても「成功」とはいえません。しかしながら、広告で完全成功報酬を謳っておきながら、このような場合でも料金を取るという業者が存在するのです。

さらにいえば報酬において「定額」の概念が存在せず、調査に日がかかるとそれだけ料金が水増しされるというケースもあります。料金が日に日に嵩んでいくことに驚き、あわてて調査を打ち切ったとすると、その事実をもってして「成功」とみなされるということがあります。ですので、蓋を開けてみれば最初考えていた料金とはかけ離れた料金を請求されてしまい、途方に暮れるということもあるようです。

探偵業界における「成功報酬型」とは、証拠がとれなければ料金がかからないような錯覚を覚えさせることに問題があります。業者はここを逆手にとって、調査対象者は浮気をしていないのだからこれは成功である、という論理をもって請求をします。

探偵および興信所の提供物とは「情報」であり、一般のサービスと比べて何をもって「成功」かを決めるのはまことに難しいことではあります。だからこそ、利用者は探偵業界の相場や常識的な必要人員などを事前に把握しておく必要があるのです。