探偵の費用と調査が気になる方

探偵に調査を依頼しようと思って、費用と調査の内容が気になる方は、依頼の前にちゃんと調べてかた、調査を依頼するようにしてください。

探偵の費用と調査の内容はそれぞれの探偵事務所で違います。費用でいえば、素行調査に10万というところもあれば、50万円という探偵事務所もあります。

探偵の調査の内容で言うと、調査員の人数が2人のところもあれば、5人で調査をする探偵事務所もあり、この調査内容の違いは、調査の費用に大きく影響します。

探偵の費用と調査内容を簡単に調べようと思えば、ネットで探偵事務所のホームページを見れば、大概のことはそこでわかります。

しかし、ホームページ上に書かれている情報だけで、依頼先の探偵を決めるのは止めたほうがいいでしょう。

何故なら、探偵の中には、誇大広告や依頼者を意図的に騙す、悪質な業者が存在するからです。

こうした悪質な業者は、探偵業法が施行されてから数は減りましたが、探偵を名乗る業者と依頼者のトラブルはいまでも報告されています。

悪質な業者に間違って調査を依頼しないためにも、費用の相場、探偵の調査内容について、依頼前に調べておきましょう。

こちらのサイトでは、探偵の費用や調査内容について詳しく説明していこうと思います。ここで紹介した情報を参考に、探偵事務所を探してみてはいかがでしょうか。

離婚を前提とした調査を希望するときの探偵の選び方

パートナーの不倫を確認するのが目的の場合は、不倫をしている事実を示す証拠があれば良いので、一緒に歩いている写真などがあれば十分ですが、離婚調停などを目的にしている場合は、二人が写っている鮮明な写真や動画が必要になります。

またラブホテルなどの密会場所で不倫相手と会っている現場を撮影してものが必要なので素行調査や行動調査だけでなく、尾行調査なども行われます。離婚調停ではかなり確実な証拠がないと認められないので、細かい証拠をたくさん積み重ねて自分に有利に交渉を進めていくことが大切です。離婚をする場合は、離婚調停の実績のある探偵業者を選ぶ必要があるので、情報サイトなどで離婚専門の探偵業務を行っている業者を探します。

離婚専門の業者は離婚調停を専門に扱っている弁護士を紹介してくれるので、調査をしてそのまま調停を行うことができます。

基本料金は通常の場合は50万円程度ですが、離婚調停をする場合はより高いレベルの機材を使用するので100万円以上になることがあります。

パートナーとの離婚が決定的になっている場合は慎重な行いをする可能性があるので、なるべくなら早いうちに依頼をして、気がつく前に調査を終える方が証拠集めの難易度が低くなります。

調査の難易度は基本的には家庭内での証拠集めによるので、毎日日記をつけておいたり、レシートやクレジットカードの明細、スマートフォンなどのメールを写した写真などがあると迅速に調査ができるので短期間で離婚調停の準備が整います。

情報が事前に集まらない場合は、行動調査や尾行調査、聞き込み調査を行わなければならないので、人件費や機材費、交通費などが非常に高くなる傾向があるので、事前の準備は万全にしておく必要があります。

探偵の選び方のポイントとは?

最近では、探偵と一言で言っても、数多くの探偵事務所が存在するといえるでしょう。探偵や興信所は年々増加傾向にあるともいわれています。そこで、探偵の選び方で、大切なポイントとはどのようなポイントがあるでしょうか。

まず、探偵事務所を選ぶ場合、きちんと探偵業の届け出をしている業者を選ぶようにしましょう。
中には、きちんと届け出をしていない、悪徳な業者などもあり、届け出をしたけれど、すぐに廃業となっていまう探偵事務所もとても多いのです。

このため、所在地に一度行ってみて、事務所の実態を確認することも大切であるといえます。きちんとした事務所の場合、契約書なども交わしてくれますし、報告書などのサンプルなども見せてくれます。このため、一度相談のつもりで現地に行ってみることも一つのポイントです。

また、業界団体などにも加盟しているかどうかということも、信頼できるかどうかという点において重要なポイントなので、必ずチェックしましょう。

また、探偵事務所は、浮気の調査など、色々な調査を行っています。しかし、残念ながら、調査が終了してしまうと、その後のフォローがなかったりと、いい加減なところも多いのが、実情です。

このため、アフターサービスがしっかりとしているかどうかということなども重視して選びましょう。
探偵事務所選びには、いくつもこのようにポイントがあるといえます。派手な広告が出されている探偵事務所は一見よさそうに見えてしまいがちです。しかし、実績や社歴が浅い探偵事務所の場合には、調査力も期待できないことがありますので、広告だけで判断をしないようにすることが必要です。

さらに、いざ契約となる場合には、料金を比較することも大切であるといえるでしょう。

探偵調査の契約時に気をつけるべきポイント

探偵事務所に調査を依頼する時、あまりにもその数が多いことからどの会社を選べば良いのか悩みます。
今では数千社にものぼる探偵事務所の中から、自分の条件にぴったりと合うところを見つけるのは大変です。
個人情報を伝えて費用も支払うことになりますから、探偵の選び方と契約内容に関しては細心の注意を払うべきです。

宣伝広告が派手で大手だから安心という考え方は少し早計で、実際に足を運んでみるとわずかな人数の調査員にも関わらず、多額な費用がかかるプランを勧められることもあります。
また、着手金は必要ないけれど交通費などを追加費用として請求されることもあるので、費用や安くて済むと早合点しないように気をつけてください。

契約書類には必ず最後まで目を通して、随時連絡がとれるように話をしておくことも大切です。
利用者が希望すれば担当者といつでも連絡がとれて、調査方法の確認や途中経過の報告などをするように話し合っておいたほうが安心です。

証拠書類に関しても、信憑性のある映像や画像を添付するように指示して、簡単な調査結果内容には応じないという旨を伝えておいてください。
ネットで探偵社選びをすると口コミ情報などを得られるので便利ですが、個人によって内容も費用も大きく変化することからあまり参考にならないかもしれません。

評判が良いからと情報を鵜呑みにしていると、契約時から話し合いにズレが生じて調査の実態を把握できないまま進行される心配もあります。

出来ることなら知人や友人など、遠慮せずに細部まで詳しく話を聞ける経験者がいればベストです。

周りにいなくても探偵社で面談をする際に、依頼者の話をじっくりと時間をかけて聞く姿勢があるところに絞ったほうが、情報を聞き逃していたなどのトラブルを防ぐことが出来ます。

ネットや知人のリアルな体験談を出来るだけ多く取集し、気をつけるポイントを参考にして利用しやすい探偵社を選んでください。